ネイリストになるには

MENU

やるなら好きなことを仕事にしたい!

少し前まで私は仕事にやり甲斐を感じない、公私共に充実していないOLでした。
このままこの仕事を続けていって、自分に何のメリットがあるのかな…でも転職するのには抵抗がある。

 

しかし、私は知りませんでしたが

 

 

上記のグラフを見ていくと、転職を経験したことあると答えた人の半数が1〜2回経験しています。
それだけ転職することに抵抗感がなくなったといえることなのですし、転職理由だってポジティブな理由ばかりではありません。

 

 

結婚・出産またはスキルアップのためと言うポジティブな転職理由より
私の様に仕事に

やり甲斐を感じないや職場での人間関係を含めたトラブルがあって転職を決意したという

ネガティブな理由を持った人のが圧倒的に多いのです。

 

やり甲斐を感じず、ただ仕事をするより自分の好きなこと…
そう、私は三度のご飯より愛して止まないネイルの仕事がしたい!

 

でも、仕事を辞めてまでネイルの勉強に専念する余裕はないので…
出来る限り最短でネイルサロンへ就職する!という目標を持ち、まず何が必要なのかを考えてみました。

ネイルサロンに就職する為に有利な方法とは…?

ネイルサロンに就職するという目標は決まりましたが…まず何をしましょう?

必要な資格は何を取得するべきで、期間はどれくらいかかるのか。
働きながらでも通えるネイルスクールがあるのだろうか。

書き出してみると意外と知らないことばかりで驚きました。
と言うことでネイルサロンに就職する場合、有利な方法があるのかどうかを調べてみたところ…

 

ネイリストになるには,ネイリスト 転職多くのネイルサロンではJAN2級取得者を歓迎している求人を良く見かけます。

 

この資格取得をしていれば独学で勉強するより就職に有利になる!と考え、早速ネイルスクールの資料請求をしてみることにしました。


ビューティー資格ナビはまさにプロのネイリストになりたい人のためのネイルスクールを集め、一括で資料請求出来る様になっています。
各ネイルスクールのホームページをわざわざ見ることもなくまとめて資料請求出来るのがとても便利です♪

 

一括で来るから結構膨大な量になるのではないの?
心配ご無用!全部来てもタウンページ1冊分の厚さにもなりません!

実際に資料を基に私の目標に合っているネイルスクールはあるのかをノートに書き出しながらまとめていきました。

 

書き出してみて感じたことが3点あります。

フリータイム制という必ず決まった時間に通わないのでは無く、ライフスタイルに合わせた受講方法もある。
学費の支払いも、一括のみではなく、ローン払いや月賦払いど言った方法もある。
学費も必要な資格(私の場合はJNA2級)と行った目的が明確になっているものは学費が意外と安く済むこと。

 

改めて見ていくと、むしろネイルスクールは働いている人向けのスクールが多いことが分かりました。

 

それ以外にもパンフレットの中には受講料が安くなったり、入学金が無料になったりと特典満載の情報も一緒に入っています!

しかしこれが1枚の何気ない広告だったりと見落としがちなものに書かれてあったりするので、実際に入学をしようと決めている人は隅から隅までチェックすることをおすすめいたします。

 

ネイルスクールに通いだして感じたこと

パンフレットには働きながら通えるネイルスクールと謳っていたけど…
実際は10代の学生の子が多いんじゃないか?と気にしていましたが、入学してみると…

 

円グラフでもある様に20代が大半を占め、職業的にも主婦やOLなどを含む比較的自分の時間に限られた人たちが通っていました。

通っていたネイルスクールはサロンワーク講習もあり、実践的な内容を含めても50万以内の学費で済むのですからとても助かります。
それぐらいの費用だったら受講内容もあまり良くないのでは?と思いがちですが、もうみっちりやりました。
セルフネイル初心者だった私でも認定講師の先生による事細かな授業のおかげで資格も1発合格出来ました!

 

 

会社の退社時間が決まっている職場だったので、昼間は働いて夜ネイルスクールで勉強するという日々を送っていました。
何も行動を起こさないで毎日ただ仕事している時より充実していました。

 

同じ悩みを持ったクラスメイトと一緒に勉強したりして仲良くなったり出来たのも本当に良かったです。

 

必要な資格を取得するまでに約2か月かかりました。
これは最速で資格を取得出来た時であり、個人差でもう少しかかったりする人も居るそうです。

ネイルスクールに通ってどれくらい出来る様になるの?

ネイルサロンに通っていただけで、セルフネイル初心者の私ですが…
ネイルスクールを卒業するまでにこれだけのネイルが出来る様になりました♪

 

 

 

夏時期にぴったりなクリアブルー!
ラメとグラデーションに3Dパーツの貝殻がとても夏らしさを演出してくれています。
ただ、パーツの凹凸があるので綺麗にトップコートを塗るのは至難の業.
いつもよりトップコートを多めにするととても綺麗に仕上がりました♪

 

認定講師の先生が的確にアドバイスをしてくれたおかげでこんなに素敵なネイルが出来た時は本当に感動しました。

 

 

 

 

先端のホワイトグラデーションが特徴的なこのネイル。
ムラになってしまいがちの境目にホログラムのラメを入れてカバーしました!
根元をクリアにした理由は、爪って伸びてきて折角のネイルも徐々に崩れてきたりすることもありますがこれだと伸びてきても気にならず長く楽しむことが出来ます。
先端のホワイトグラデーションとホログラムのラメだけでは寂しくなりがちなので大きめのリボンもつけて華やかさをプラスしました。

 

私のネイルはどうしてもシンプルになりがちなので、同じ受講生の友人のアドバイスがあってとてもいいネイルに仕上がりました。
このネイルで友人の結婚式に行き、このネイルを見た友人が大絶賛してくれました。

 

 

 

 

上記2つのネイルとは違いとてもエレガントな雰囲気を出してみました。
ややとがり気味のオバールシェイプと1本だけゴールドのラメフレンチをすることで、全体の印象を引き締めることができました。

 

爪の形やジェルネイルの配色によって印象が変わり、同じ爪でも色々なアレンジが可能だと授業の中でも事細かに習うことができてとても勉強になりました。

 

 

念願のネイルサロンへ就職してから、そして現在

念願のネイルサロンへ働くことが決まり、働き出して早2年になります。

 

最初ネイリストになると決めたのは良かったけど、後から給料はどれくらい貰うの?などの疑問も生まれました。

 

ネイルサロンへ就職できてもまず最初は、アルバイトやパートといった契約社員の立場からスタートし初任給は平均15〜20万円ぐらいで、時給だと700〜800円前後ともいわれています。

 

 

これじゃOLの初任給より安いんじゃない?
と思われがちですが、ネイリストには基本給のほかに

指名から取れる指名歩合などの頑張れば頑張る程給料が増えるというシステムが採用されています。

当然やる気も上がり、技術向上にも繋がってきます。

 

あと感じたことはネイリストと言う仕事は技術だけではなく、接客業であると認識も持たないといけないことがわかりました。

 

黙って施術するだけがネイリストの仕事ではなく、お客様に合った会話や対応の仕方が求められます。

 

特に高級ネイルサロンになると、お客様のランクも上がってくるので接客技術も当然高いものを求められます。
それだけ社会経験があることを重要視するネイルサロンは増えてきていて、私のようにネイルサロンへ転職する人も多いんです。

 

 

ネイリストには興味があるけど、どういうことをすればいいの?
と不安に感じる人はまず資料請求をしてみましょう!!

沢山あるネイルスクールの中で、自分のライフスタイルにあったものを選んでください。

 

ネイリストとなった私は毎日とても充実していて、仕事に行くのが楽しみな位です!

と考えている貴方!行動を起こして損は無いですよ!